妊娠ときの頭痛、どのように対処したら素晴らしい?

妊娠初期に起こりやすい頭痛。「あ、また痛くなってきた・・」と思っても、頭痛薬は飲みたくないですし、正に困ってしまうね。でも、どう妊娠初期には頭痛が起き易く陥るのでしょうか。

一旦1つには、黄体ホルモンがかかるので、体調に様々な変化が生じるからです。ですから頭痛だけでなく、だるさ、熱っぽさなど、色々な症状が出てきます。血管の拡張、収縮も乱れてしまうので、それが頭痛を起こしたり決める。妊娠する前は、頭痛などほとんどなかった方も、頭痛が起きるようになってしまうね。

黄体ホルモンの増加による急性病状は、ストレスにもなります。そのストレスが原因で血行が悪くなることもあります。血行が悪くなると、肩こりがひどくなり、それが頭痛の引き金になることもあります。

また、妊娠する前から貧血気味だったほうが妊娠すると、赤ちゃんに血液が必要なため、貧血の度合いが進みます。そうすると頭痛が起きる原因になります。がんらい貧血症の方は、妊娠する前から血が上がる食品を摂ったり、造血作用のあるサプリを飲んでいた方がいいでしょう。

また、妊娠高血圧症候群という、妊娠中だけに高血圧になる病気があります。そんな時は、偏頭痛になります。

では頭痛で耐える時、薬は飲んでもよいのでしょうか。もしも、決して頭痛が我慢できないほどのものなら、かかりつけの産婦人科へ行って相談ください。安易に市販の頭痛薬を飲まないようにした方がいいのです。

市販薬として一般に知られている頭痛薬で、妊婦さんが飲まない方が良いとしているものは結構あります。バファリン、イブ、ナロンエース、ロキソニン等だ。バファリンはアスピリンが主成分なので、アスピリンも、勿論推奨されていません。

医師が処方してくれる頭痛薬は、アセトアミノフェンを主成分としたものです。こういうアセトアミノフェンは胎児への悪影響が僅かとされていて、産婦人科で生みだす頭痛薬はアセトアミノフェンが主成分のカロナールという薬だ。ですが、頭痛薬は飲まないに越したことはありません。出来るだけ薬に頼らないようにしましょう。

頭痛には緊張型頭痛と、偏頭痛の2種類があります。緊張型の場合は、血行を改善すると良くなるので、上半身のみの小気味よい運動をしたり、マッサージを通じてもらったり、ぬるめのお湯にゆっくり浸かるのも良いでしょう。偏頭痛の場合は、あたためると悪いので、白々しいタオルで頭を冷やして、横になりましょう。http://www.toutenburgfestival.nl/