新入社員研修プログラムの作成

真新しい年度になって会社にはフレッシュマンたちが群がるでしょう。
そこで新入社員研修を実施することになりますが、事前にプログラムを作成しておくことが大切になります。
新入社員研修ではこれまで学生だった人が社会人として知っておくべきこと、やらなければならないこと、やってはいけないことを事例を交えながら説明する場だ。
やはり、大学で何も教えられていないわけではありませんから、すべてを一から説明する必要はないでしょう。
ただ、学生の時には知らなかった結果社会人になったら常識と言えることを重点的に説明するプログラム作成に注意して下さい。
その例としてセキュリティだ。
会社のパソコンはネットワークに接続されており、そこにある情報はすべて会社の財産であると考えなければなりません。
新聞などで事件として取り去りられる事例が後を絶たないのは、新入社員研修でネットワークに関する仕組みを学ぶ機会がなかった人達なのでしょう。
社内のデータを気軽に個人のパソコンに転送することは避けなければなりません。
必要ならば、セキュリティが確保された媒体において出すなど注意すべきでしょう。
新入社員教育のプログラム例として、服装や挨拶などに重点を置いている例がありますがこれらはビジネスマン以前の常識ですから、新入社員研修で取り立てて説明する必要はありません。
ただ、それさえできていない社員は、適切な指導をしなければなりません。
いつもの生活態度が会社の中でも起きるようではまだまだ子供とみられても仕方ありません。
新入社員教育プログラムを社内で作成することもできますが、最近は社外のマネージメント企業に依頼することが多くなりました。
それらのテキストはわかりやすく事例を交えながら記載されてあり、ポイントを絞り込んでいる。
たくさんのことを一度に説明しても、誰も頭に入ってきませんから、何が重要なのかを明確にすればいいわけです。
企業内教育のプログラムを請け負って要る会社は、社会の常識と企業の常識のずれや事件となった事例などにわかり易いですから、広い常識を学べるはずです。
社内だけのプログラムだと、一般常識とはずれた研修になってしまうケー。
それを避けるために社外の公正な視点を取り入れることが重要となっているのです。http://www.momokoogaki.jp/