netflixの海外ドラマは面白すぎるのですが前もって内容が濃くてストーリー完結まで全部探るには長過ぎるとお嘆きの視聴者の極一部の方に何よりお勧めするのがが��見てはいけない��という超短編仕立ての恐怖ドラマだ。

所詮短時間(10分程度)に恐怖が凝縮され息をするのも忘れて仕舞う程、震撼させられたり不快に差し掛かるのです。

ある意味この手の話が大の苦手な人こそ絶対に見てはいけないドラマなわけなのです。

いかほど何でもこうした短時間で恐怖に繋がる事など有りえない…と自信満々な貴方でも見ればあまり間違えなく不快気分と放心状態に変わるほどの瞬間違和感が味わえてしまうので��自称私は変わり者�≠ニ自他ともに見える人には絶対おすすめなのです。

(そういう人とは絶対友達にはなりたくないですが)そしてドラマの話なのですが第1話として放送わたる��友達のブレスレット�℃蜷l公の女学生(ジェシー)こそ何よりサイコでヤバい奴、かなりティーンのくせして趣味は生き物解体(手術)などが唯一のお友達という孤独な少女、やはり学園内では皆からも変わり者扱いされバカにもされているのですが、そういう彼女の怒りに振れた学園内でもイケてる部類の女子学生2名が死者に…この先は残酷すぎて言えません。

そして第2話は閉めときゃ良いのに調子に乗ってネットの闇ウェーブの世界に手したばか(若者)の悲劇は?そして3つ目は特に怖い話も何でも無いのですが��グロテスクな悪夢�≠ニ題した精神衛生上、見る事さえも普通は避けたい画像を見せてわざわざ違和感を味わわせるタイプの映像オンパレードで脚本家の理性を疑いたくなる作品、ほとんど真面な人が見ればことごとく気分が悪くなってしまう。

続いて第4話は��立ち入り禁止?�≠アれは日本国内でも良くある心霊スポット冷やかし潜入的話なのですが…終わりときゃいいのにバカったれ…そして最後の話は��アントニーサイコ�≠ニいうかなり内容も乏しいだけのただ美味しそうのお肉料理がサーブわたる映像美、しかしその隣には切断された死体が…そんな事で凝ったりお話しだったり奇想天外なストーリーなどなんにも無縁なお話しの連発でり、ある意味タイトル通りの��見てはいけない�≠�やはり忠実に再現した短編ドラマなのです。
これは私からの忠告であり悪趣味の押し売りなので絶対見ない事をおすすめしますが自称、悪趣味好きは是非見てください。
(笑)http://www.mitravanbergen.nl/

貴方の会社は大企業でしょうか?中小企業でしょうか?こういう問い掛けの意味ですが大企業にお勉めの方の会社には比較的お中元時期ともなれば、これでもかと言うほど中元の品が社内や部署に集まります。
一方中小企業にお勉めの貴方の会社には比較的欠ける…当然中小企業は味わうより捧げる側だからと割り切ればすむ話なのかもしれませんが実は中小企業の会社にもとってもお中元は集まっているのです。
但し中小企業と言うのは元祖一族が会社の実権を握っている訳で会社に送ってもほぼ効果が薄いと思われオーナーのご自宅に贈るほうが再び投資効率(ROI)を決める事を捧げる側はよ〜く認識しているだけの事です。
しかしながらその会社を支えているのはそこで動く従業員達なのは普通でありオーナーよりも従業員達に喜ばれるお中元を選択するほうが授ける先が大企業であれ中小企業であれ全く貫くベストな選択だ。
(それでも当たり前の如く独り占めし持ち帰るセコいオーナーは除く)そんな事で従業員が最も喜ぶお中元の品、それも食品に絞ったときの規則はどのような事なのでしょうか?正に単純、皆で分け合える品、例えば人気の缶ビールギフトなどがアッという間に閃きますがこれって飲める人はありがたいかもしれませんが飲めない人にとっては快くもどうにも薄い物でただ無難なだけです。
無難なギフトは記憶にも残らないのではないでしょうか?それなら依然ビールとジュースが入ったファミリーセットの方がまだマシです。
そして何よりも従業員に喜ばれない食品ギフトは薬味詰め合わせギフトと缶箱入りアラレや御煎餅などではないのでしょうか?
それは以前私が勤めていた会社の直営店舗のギフト担当から聞いた話なのですが、やっぱ法人ギフトとしては受けが悪かったようです。
なぜそれらが売れなかった理由として油や醤油は家庭用需要であって会社に贈っても、すぐには食べれないし隔てるの迷う事、そして家にも普通にあるので喜びが少ないのです。
そして極め付けが缶入りアラレや御煎餅のギフトなどは社内皆で分けれますが残る缶が譲るに捨てられず会社の総務に村八分扱い浴びるみたいです。
そんな事で皆が喜ぶであろうお中元食品ギフトは従業員が公正、公平、平等に分かれるギフトであり容器が生ごみ扱いで捨てられないギフトは会社では多分嫌われるという事なのかもしれません。
こんな品を送った場合でも御礼状だけは近付くのですが、現に商談訪問しても従業員から空気の読めない人と記憶されてるかもしれませんので是非ご注意くださいませ。http://www.colintraivecorner.co.uk/